診療について

copyright (c) 2017 all reserved HAMADA DENTAL CLINIC

診療方針

先端医療を学び導入することは大切なのですが、街の歯科医は日常遭遇する基本的な治療を確実に行わなければならないと思うのです。

当院の診療コンセプトは、日常遭遇する疾患(虫歯や歯周病)に対する診療をていねいにしっかり行うことです。

それらを一つ一つ積み重ねて行く結果、口腔の健康、そして心身の健康へ繋がって行くものと考えます。

正しい診断といくつかの治療計画をもって患者さんの目線で一緒に考え、時には患者さんにとって辛くまた医師にとって難しい治療でも、目標(治癒)に到達していけるような、コミュニケーションを大切にした、そんな街の歯科医院でありたいと思っています。

初診カウンセリング

診査、検査方法、検査結果、診断、治療方法は必ず説明をいたします。わからないことは何でも質問してください。

治療法の選択の時は、その効果とリスクなどアドバイスいたしますので一緒に考えてみましょう。

インフォームドコンセントとは「充分な説明のもと患者さんが治療法などを選択できる」というものですが、その前にまず安心と信頼をしていただけることがとても大切なことと考えています。

虫歯治療

単純な虫歯治療でさえ、きちんと感染歯質を除去できたか?、歯の神経への影響は?材料はなにを使う?歯型はうまく採れたか?きれいなセットができたか?などと難しいものです。

やむなく歯の神経を取ることになったり、または以前の根の治療が不良のときは、いわゆる「根の治療」となります。

根の治療は歯周病治療と同様、抜かないで歯を残していくという、とても大切な治療です。

当院では正しい診断と高い技術で治療に臨んでいます。もしお悩みの歯の痛みがありましたらご相談ください。

また当院では、虫歯の治療にレーザー治療を行っています。小さな虫歯には保険が適応できます。

歯を削る音が苦手な方はご相談ください。

歯周病治療

はぐきからの出血、口臭、歯のぐらつき、歯石、普段痛みがないのに急にはぐきが腫れたり痛んだり。一昔前に歯槽膿漏

(しそうのうろう)で歯を抜かれていたのは、今でいう歯周病の重症例です。

歯周病とは歯肉炎と辺縁性歯周炎を合わせて、生活習慣病とされる慢性(炎症性)疾患です。

原因は主に歯の磨き残しで生じるプラーク(歯垢)の細菌や歯石ですが、不安定な噛み合わせも関係します。

治療法の基本は原因を除去すること、すなわち歯磨きが正しく行えるよう指導すること、歯石や色素沈着をプロフェショナルにクリーニングすることです。必要に応じて噛み合わせを安定させるための被せ物(冠)、ブリッジ(固定式の入れ歯)

や入れ歯などの総合的な治療も行います。

歯列矯正治療

当院では月1回、日本矯正歯科学会の認定医が治療を担当しています。

遺伝性や骨格性を予見しての小児の歯列矯正、一般成人の矯正、部分的な歯列矯正など多様な症例にも対応します。

専門医への相談は無料です。

入れ歯やブリッジの治療

義肢義足と同じように入れ歯は義歯と言います。付けっぱなしの入れ歯(ブリッジ)ができない多くの歯の欠損があるときは、取り外し型の入れ歯(床義歯)を作らなくてはなりません。

義歯には咀嚼障害、発音や審美性の障害を回復させるだけでなく、噛合わせを安定させて残存歯の保全を、また食物を噛むことによって口腔機能の衰退を防止し、消化を助け、味覚や顎に伝わる感覚をもって脳を刺激するなど直接的、間接的に様々な機能があり、体全体の健康に大きく関係しています。

当院では患者さんお一人ごとにご要望に添うよう、多種の義歯をご用意しています。ご相談下さい。

症例のいくつかを掲載しています。こちらからどうぞ。

インプラント(人工歯根)

チタンなど異物反応を起こさない材料を歯の根の代わりに使います。ブリッジ製作のために健康な歯を削りたくない時や

どうしても義歯になじめない時、大きな義歯の安定のため固定源などとして使われます。

精密な診査や診断を必要とし、また材料や方法論、メンテナンスやフォローアップ、時間も費用もかかりますので施術する医院の選択には熟考が必要と思います。

当院のシステムでは、CT(コンピュータ断層撮影)の画像情報からインプラントを埋める場所をシュミレーションして

そのシュミレーションした場所に安全に埋めるためのガイドを作り、手術時に使います。安全に正確に精密に施術できるよう、歯科技工所などを交えて診査診断するシステムを採用しています。CTは当院の設備です。

審美治療(セラミックについて)

歯の白さについて欧米人に比べ東洋人はやや黄色味があるとされています。昨今の芸能人やスポーツ選手のまるで瀬戸物のような不自然な白さは如何なものでしょう。日本人に合う年齢性別を考慮した自然な歯の色があるはずです。

笑顔の時や対面で会話する時見える歯がそのような自然な白い歯であれば、その人はとても健康的で美しいことでしょう。

元々の歯に着色があったり、保険の材料の色や銀歯でお悩みの方は多いと思います。

従来型の金属を使ったセラミック(メタルボンド冠)ではもう美しさは語れなくなり、今ではメタルフリー(金属を使わない)のセラミックの技術が進歩して主流になりました。

人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアはとても固く、ブリッジや奥歯にも使えるようになりましたし、ガラス系の材料は比較的安価に作ることができます。カスタムメイドですから色や形について患者さんのご希望を反映できます。

総合的な治療と合わせて行えばさらに健康的な美しさが甦るでしょう。

その他、フッ素、口腔外科、顎関節症、訪問診療、ホワイトニング、予防歯科、口腔衛生用品など詳しくは電話にてお問い合わせ下さい。